中和田中学校の“福祉ボランティア事務局”が主体となって行うサマーチャリティーコン
サートには例年参加し、音楽リハの成果を発表させていただいています。
 同じく事務局が行う「ボッチャ交流会」、これは、地域の福祉施設のメンバーと、中学生
が混成のチームを作り、ボッチャの競技を通じて交流を深めながら、楽しい一日を過ごす
ものです。
 また、中学生の職業福祉体験の受け入れも行っています。

≪いずみ中央連合ふるさとまつりで≫

≪ぴぐれっとまつりで≫

 「元気かい泉」は、PR活動、社会参加の一環として、毎月第4火曜日に区役所ホールで、11:00〜12:20の間、自主制作製品の販売活動を行っています。

 「元気かい泉」は、月に2回社会参加活動
の一環として、周辺地域の清掃活動を行って
います。この活動は、PR委員会が主導して
います。

≪ボッチャ交流会の様子≫

≪H26年度のコンサートで≫

 「元気かい泉」では、地域・施設のおまつりに参加し、自主製品の販売を行っています。これ
は、地域の一員としてのPR活動という側面と、自立を目指すメンバーの社会参加という側面を
持ち合わせています。

 自らボランティア活動を行い、「ボランティア」の存在を改めて考えつつ、社会
参加活動の一環として、「福祉施設」での慰問活動を行っています。H26年度
は、いずみ中央ケアプラザのディサービスにおじゃまして、合唱とハンドベルの
演奏を行いました。そのお礼で、ディサービスの利用者の方々が1年間かけて
作った千羽鶴を寄贈していただきました。