「言語リハビリ」の一環として、失語症の方や言葉が出ずらい方を中心に「話そう会」を、月に
1回開いています。
 利用者が主体的に進行を担っており、「お口の体操」に続いて、その日のテーマについて、会
話を交わします。障害の程度はそれぞれ異なりますが、楽しげな会話が聞こえてきます。

 講師を招いて、月に1回午前中、転倒予防体操を行っています。
 講師は泉区在住で、各方面で活躍しているボランティアの福嶋直美先生です。
 先生は、常にどうしたらわかり易くて、楽しく体操に取り組んでもらえるか、また、心身とも
に少しでも負担にならない体操をいつも工夫しているそうです。理解できないままに動いて
も効果が上がらないこともあるので、図や絵を用いて、無理をしないで続けられる体操を、
指導されています。
 「痛みが取れた。」「上がらなかった方が肩がここまで上がるようになった。」などのメンバー
の声は、ほんとにうれしいと語ってくれました。

≪ターゲットホッケー≫

≪地区センターで卓球≫

 リハビリの一環として「脳リハ」を希望者を対象に、月に1回行っています。これは、「簡易な
計算」、「読み書き」から「とんちクイズ」までいろいろな問題に取り組み、を使って脳の活性化
を図るものです。
 職員、ボラさんも頭をひねる問題もあり、和気あいあい楽しくチャレンジしています。

≪26年度サマーチャリティーコンサート≫

≪サマーチャリティーコンサートにむけて
  中学生と一緒に練習≫

 歌を歌ったり楽器を演奏したりすることは、リハビリに大きな効果をもたらします。「元気かい
泉」では、長年に亘って講師を勤めていただいている先生の指導の下、月に2回音楽リハを
行っています。
 27年度の課題曲は「心の瞳」と「お江戸日本橋」、「ひらいたひらいた」です。ハンドベルの
曲は「おぼろ月夜〜祈り」です。25年度の「花は咲く」は、NHKの「100万人の花は咲く」に
投稿し、サイトに公開されました。
 練習の成果は、「サマーチャリティーコンサート」などで発表されます。 

  「元気かい泉」では、リハビリの一環としてパソコン教室を月2回開いています。
  内容は、Wordのテキストを基にひらがな入力からポスター作成まで、個々の技量に応じて
文書を作成します。
  講師は職員が務めています。

 「元気かい泉」では、月に2回「お楽しみ会」を行います。地域のスポーツ施設での卓球
やグラウンド・ゴルフ、室内でのボッチャなどで体力を養い、室内ゲームでは仲間内のコ
ミュニケーション図ります。